巡回セールスマン問題

手続き型プログラミング基礎レポート

大学の授業で書いたレポートです。 5000頂点程度の三角不等式が成り立つ巡回セールスマン問題を、C89で3sec制限で解くコードを含んでいます(15~60ページ) 引用する際は、 eiya@大学垢 (@eiya5497313) | Twitter に連絡していただければ本名を教えます。